中古戸建売却に関する注意事項

住宅ローンなどの債務で抵当権がついている土地家屋等は売買できるのでしょうか。

結論から言うと、担保に入った状態でも自由に売買できますし、売買に伴う所有者移転登記も可能です。

とはいえ、物件を担保にしてお金を借りた方が、もしきちんと借金を完済してくれなければ、担保となっている物件は競売にかかり、他人の物になってしまいます。

抵当権が設定されている家はこのように危険要素が満載ですから、いくら売却が可能でも、買手はほとんどつきません。

 

よくある失敗として、仲介業者をいいかげんに選んでしまったせいで、物件の売却が上手くいかなかったという話も多いようです。誠実な業者がいる反面、不誠実な業者も営業しています。相場を無視した価格の査定を提示したり、買手を探す広告活動を行わなかったり、予算を考えずに宣伝しまくって、広告費として高いお金を支払うようにいってくるなど、多様な被害例が存在します。良い仲介業者を選ぶためには、一括査定サイトを利用するなどして、複数の仲介業者からじっくりと選別するのがポイントです。

一般的に、不動産物件の売却をする時には、高い査定を出す業者と契約したいものだと思います。実は、業者によって査定額は一律ではありません。場合によっては査定結果が数百万円違うということもよくあるのです。

そのため、賢く業者を探せるかどうかが決定的な重要度を持っていると言えるでしょう。こうした場合に役立つのが「不動産一括査定サイト」などです。

サイトの指示に従って入力するだけで、多数の仲介業者の査定額を比較できますから、納得できる査定額を出した業者が見付けやすくなるはずです。

 

住宅を売る際に権利書がもし見つからないときは、売却にはどのような支障があるのでしょうか。

権利証(あるいは登記済証)をなくしたら長年住んだ自宅でも売ることは不可能で、おまけに再発行も受け付けていないので注意が必要です。

それを可能にする方法はありますが、少し手間です。

司法書士さんと面談した上で、本人確認情報という書類を作ってもらうことで権利証なしでも売買可能になります。司法書士には数万円前後支払う必要がありますし、時間もかかるというデメリットがあるため、大出費にならないためにも、権利証は大事に保管しておきましょう。

不動産売買に関する契約書は課税対象ですので、印紙代が必要になります。印紙税額は契約書に記載された金額によって決定するため、場合によっては数十万円ともなることがあります。

そして、売主と買主が互いに契約書を作成するならば、双方に印紙代がかかってしまいます。
とは言え、この時の印紙税額を決定する金額別の段階は先ほどとは異なりますので、チェックしておきましょう。モデルハウスと異なり、オープンハウスなら売り出し中の物件を内装まで入って見ることが可能です。居住者がまだいる中古物件だとインテリアがあるままですが、仮に自分が住んだ時のこともそれを見るとイメージも膨らみやすいでしょう。それに、家と一緒に近辺もぶらぶらすることで、立ち寄りやすいお店は何があるかといったような毎日の生活空間も情報が得られます。

 

参考サイト

債務超過に陥らない住宅ローン(収益マイホームという方法)